『対岸の彼女』角田光代〜女同士って、ほんとに大変・・・

Published Post author

対岸の彼女 角田光代

『ひとりでいるのがこわくなるようなたくさんの友達よりも、ひとりでいてもこわくないと思わせてくれる何かと出会うことのほうが、うんと大事』

私が作中で一番印象に残った台詞です。その日のうちに、中学生の娘にこの小説とこの台詞の話をしていました。友達って数じゃないんだよね、いつも一緒にいないといけないなんてそれはちょっと違うよね、なんて話を。

今は小学校1年生から、女の子同士は友達付き合いが大変です。このグループで遊んでいると、他のグループとは遊べなくなるとか、奇数になると誰かが仲間はずれになるとか。

そんな面倒な関係は大人になったらなくなるのかなと思ったけど、そうでもなかったですね。ある意味、大人の方が素直になれない分面倒かも。

そして、些細なことで簡単に崩れる関係。私もちょっとしたことでそれっきり会わなくなった友達がいたなあと思いだしました。ものすごい仲が良かったはずなのに、パタッと途絶えちゃう。

だから、大人になってからは本音を言っても平気な人、いつも一緒にいなくても平気な人、そんな風に自分が楽でいられる人とつき合うようになりました。もう女同士のいざこざには巻き込まれたくないから。

さて、作中では専業主婦だった小夜子が採用面接で独身女社長の葵と出会い、それぞれの立場の違いを感じながらもだんだんと仲良くなっていく様子が描かれています。同い年、同じ大学だったということもあり、昔からの友達だったように小夜子に接する葵。最初は戸惑いながらも、仕事にやりがいを感じ始め、葵とだったらなんでもできるかもしれない、とまで彼女を信頼するようになる小夜子。

それが、ほんの些細なことで・・・。




やっぱり、女性というのは内に溜め込む傾向がありますよね。その場で文句を言ってしまえば済むことを、きちんと相手に真意をただせば誤解も生じないものを、顔では笑いながら自分の中にしまい込むから面倒なことになるんです。

夫や姑にも言いたいことひとついえない小夜子にも、最初はイライラしました。それだからだめなんだよ、って。

でも、言いたいことがはっきり言える人の方が少ないのかもね。特に女性はね。たぶん、文句を言おうとするより先に、傷ついちゃうんだろうね、心が。その傷のせいで、言葉も出なくなっちゃうのかなと思いました。

傷自体は小さいかもしれないけど、魚の骨みたいにチクチクする。だから、それがひっかかって、言葉が出ない。なんで、どうしてって、そんな言葉ばかりが頭の中を駆け巡る。

それで、段々人間関係がこじれていくのかな。

葵と小夜子も色々ありながら、最後は希望の持てる終わり方。これで良かったのかどうかはわからないけど、その答えは小夜子が見つけるんだろうね。

並行して進む、ナナコとアオちゃんの物語も、ああ、どこかで見た光景だと思いました。その物語が現在の葵と小夜子の関係にどう関わってくるのか、もうそれが気になって、最後3分の1くらいは一気読みでした。

男性にはちょっとわかりづらい世界かもしれないけど、かつて高校生だったことのある女性にはうなづく部分が多いかもしれないなと思いました。

▼▼映画化されているのでDVDもあります▼▼

私はまだ見ていないのですが、レビューを見ると原作とはまた違った雰囲気のようですね。女優さんたちの演技が光り、原作者の角田さんも涙を流したとか。

葵は財前直見さん、小夜子は夏川結衣さんです。うん、イメージにピッタリかも。
こちらもぜひ見てみたいと思います。



2016/11/20

角田光代「さがしもの」は本が好きな人におすすめの作品

Published Post author

「さがしもの」角田光代

本があってよかった。
1度でもそんな風に思ったことのある人なら、この小説の面白さがわかると思います。

面白い、というのはちょっと違うかな。
本がいかに人生を豊かに、楽しく、実りのあるものにしてくれるか。
それを実感できると思います。

短編集ですが、私は表題作の「さがしもの」が好きです。

ちょっと口の悪いおばあちゃん。入院していて、もう先が長くない。そんな状態で孫に本探しを頼みます。タイトルと著者名をメモしたものの、どんなに探してもその本が見つからない。

病院に顔を出すたびに、今日も見つからなかったということがわかると明らかに落胆するおばあちゃん。

もう絶版になっている、というところまではわかったものの、古本屋を巡っても出てこない。そうこうしているうちにおばあちゃんは天国へ。

なぜおばあちゃんはあの本にこだわったのか。
なぜ読みたかったのか。
その理由がわかった時に、憎まれ口ばかり叩いているおばあちゃんだけど、その本当の姿が垣間見えたような気がしました。

本にまつわるエピソードを中心とした短編集は、本が好きでたまらない私には、ほっとできる作品でした。大きく心が揺さぶられる感動、というのではなくて、しみじみと本の素晴らしさというものを実感できる小説です。

本があってよかった。
何度もそう思いました。



2016/11/12

辞書作りの話で泣くとは思わなかった『舟を編む』

Published Post author

舟を編む

「舟を編む」というタイトルの意味、辞書とどういう関係があるのかと思いながら読み始めて・・・

最後は涙、涙。
大感動して号泣するというのではなくて、なんというか、じわじわこみ上げてくるような涙。

ここまで何かに一途になれる人生って、なんて幸せなんだろうと思います。

◆あらすじ

荒木は定年間近の編集者。「大渡海」という辞書の編纂作業をしているが、後を託せる社員はいないものかと探している。というのも、辞書の編集は普通の本の編集とはまったく質が違うからだ。

常に言葉と向き合い、言葉を掘り下げ、適切な解釈を加えていく。それを辞書として編纂するには、原稿を各ページにパズルの様にうまく、無駄無く収めていく能力も必要だから。

そこで見つけたのが、営業部では使い物にならなかった馬締だ。人付き合いは下手だし、組織の中で生きていく能力には欠けるものの、言葉と向き合うひたむきさと粘り強さを見いだされ、「大渡海」編纂メンバーの一人となった。

そこに、辞書編集部のお調子者・西岡、愛想はないが事務処理能力は極めて高い佐々木女史、監修を担当する辞書の鬼・松本先生、後に辞書編集部に配属となる岸部みどり、馬締の下宿先の大家さんの孫娘・香具矢を交えて話は進んでいく。

お金も時間もかかる辞書の編集。「大渡海」の編集作業も何度となく暗礁に乗り上げかけ・・・辞書は完成するのか、というところが見所。

◆辞書作りには終わりがない

この本を読んで、辞書作りには終わりがないのだということを初めて知った。考えてみれば当たり前のことで、10年前に編集された辞書には今使われている新しい言葉は載っていない。

言葉は生き物。変化し続けている。言葉自体が変わらなくても、解釈が変わることもある。

松本先生は常に用例採集カードを持ち歩き、食事中でもテレビから「耳」は離さない。新しい言葉や耳慣れない言葉を聞くとすぐにカードに書き込んでいく。カードが無ければ箸袋でもなんでも書けるものに書いておく。

そうやって集めた言葉を、辞書に載せるべきかどうか判断していく。

古い言葉の選定も大変だ。死語だからといってすべて削るわけにはいかない。今話し言葉としては使われていない、流行遅れの言葉だったとしても、辞書で調べる場合があるからだ。

そういった「言葉の採集」には終わりがないのだ。すごいな、辞書の世界って。素直にそう感じた。

そして改めてわかったこと。日本にはイギリスなどと違って、国が主導して作った辞書がないとのこと。言われてみればそうだ。すべて民間の出版社などが編集している。

国が自国の言葉をしっかりと定義するということがなされていないようにも思えたのだが、逆に考えると、権力が絡まないことで、言葉が自由なままでいられるということ。だからこそ、各社で言葉の解釈や表現に微妙な違いがあり、それこそが辞書の面白さなんだと思う。




◆言葉って面白い

改めて、普段わかっていることでも知らない人に教えようとしたら意外と難しいんだなと思った。例えば「女」という言葉を説明しようとしたら?

ある辞書には「男でない性」とか「妊娠する器官がある」などとあるそうだ。作中で岸部みどりが「それでは説明不足だ」と憤っている場面があるのだが、そうか、そういわれてみると、「女」という言葉も、今と昔ではかなり解釈が違うんだろうなと。

また、「愛」という言葉も、「異性に関して感じる感情」では、同性の人には感じないのか?ということになる。昔は無かった価値観かもしれないけれど、今は別に珍しいことでもない。

辞書は言葉の意味を正確に伝える以外に、その時の社会情勢や文化なども反映しているものなんだなと。だからこそ、古い辞書を今見てみると、当時はこう言う解釈だったのか、と違う楽しみ方があるかもしれないなと思った。

◆三浦しをんの魅力

この人の作品は、登場人物が素敵な人ばかり。見た目のかっこよさではなくて、人として素敵な人。不器用だけど何事にも真摯な馬締やおちゃらけてばかりいるように見えて、実はよく人のことを見ていて、影でサポートしている西岡など、ひとりひとりが魅力的。

だからこそ、読んでいてどんどん作品に引き込まれてしまう。もう、中毒になりますよ。「舟を編む」という言葉の意味は、わりと最初の方で明らかにされているのだけど、そうか、言葉って海だよねと納得。この装丁の意味もわかると感動がさらに増します。

私はライターとしても仕事をしているので、言葉はとても大切にしないといけないのですが、そうか、このくらい言葉と向き合って、自分のものにしていって、初めて言葉をうまく使えるようになるのかなと思った。

早速書店に新しい辞書を買いに行ってしまった。




2016/10/08

ときにはがんばらないで生きていこう

Published Post author

生き辛さを感じたり、仕事をがんばりすぎている人は、ぜひこのがんばらない生き方 (中経の文庫)を読んでみたらいいと思う。

私はライスワークは面白くない、ライフワークを探して、仕事もきちんと楽しめる方が良いのではないかと思っていたけれど、それはもしかしたら違うのかなとこの本を読んで思った。

もちろん、それを否定するわけではなくて、仕事は仕事、面白くなくてもいい、飯のための仕事でもいい、そのかわり思いっきり打ち込めるような趣味があれば、人生楽しくなるんじゃない?ということ。

何でもみんながんばり過ぎなんだと思う。子どもの頃から早期教育、英語くらい話せないといけないと毎月届く教材なんかで勉強して、小学生になっても次は中学受験、ずっと試験、受験、そんなことばかり20歳近くまでがんばり続けて、いざ社会に出ると、それまでやってきたことってけっこう役に立たないんだよね。

それなら適度に遊んで適度に勉強して、適度に友達がいて人生楽しんできた人の方が柔軟性があるのかなと。

もしかしたら、がんばっても充実感を感じられない人はがんばる方向を間違えているのかもしれない。終身雇用制が崩れ、給料が右肩上がりではなくなった今の世の中で、大企業に就職すれば安心ではないし、それを人生の目標にしてしまってはとてももったいない。

もっと柔軟に人生を考えてもいいのかなと思う。フリーターが悪いって風潮ね、それもきっとよくない。例えば趣味に打ち込む時間が欲しくて、アルバイトや派遣社員として自由に働く、という人生もありでしょう。

<スポンサードリンク>



◆どうやって生きていきたい?

自分の人生だもの、世間の尺度に当てはめることなく、自分が楽しいと思う方法で生きていければ、それが一番幸せなんだと思う。

別に正社員でなくてもいいし、仕事に楽しみを見いだせなくてもいい。そんな風に言われるとちょっと気が楽になると思わない?

がんばることはいいことですよ。ただ、何のためにがんばっているのかを自分でわかっているなら、ということだと思う。

人生楽しんでいる人は無理をしていない。イヤなことをがんばっても楽しくない。成果は出ない。それをわかっているから、楽に生きられるんだと思う。

仕事が辛くなっている人は、この本を読んで「自分はどうやって生きたら幸せなんだろう」ってしっかり考えてみてもいいと思う。



2016/06/22

名探偵は若い頃から名探偵だった『菩提樹荘の殺人』

Published Post author

やっぱり安心する。
そんな感じのする火村シリーズ。

表題作もおもしろかったが、私のイチオシは「探偵青の時代」。

火村英生が大学生の時のちょっとした推理物語。

やっぱり彼は大学生の頃から火村英生だったんだというおかしな感想を持ちつつ、そうそう、そうでないと困る、とも思った。だって、火村英生が他の大学生みたいに飲み会やコンパに行きまくってたらおかしいでしょ。

でもって推理の方はさすが。猫好きだったことが功を奏したわけだけど、昔から猫好きだったんだね。

こういう過去のエピソードも交えた作品は微笑ましくていいな。

たまにこういうのをお願いします、と思いました。

<スポンサードリンク>



2016/06/03

火村シリーズではないけれど一気読みした「作家小説」

Published Post author

大好きな有栖川有栖さんの短編集。

有栖川有栖さんの作品は、とても読みやすいのだけど、ところどころドキッとするような表現があったり、心に刺さるような言葉があったり、ものすごく奥の深い小説だと思っています。

私は火村シリーズが好きなので、そればかりを読んでいたのですが、ようやく(?)他の作品にも手を広げてみようかと思い、この作品を読みました。

なんともいえず、不思議な短編集ですね。

推理小説じゃないし、単なる小説でもないし、ちょっとホラーチック。「殺しにくるもの」なんて、最後のページで思いっきりどきっとしましたよ。

どれもそれぞれが雰囲気の違う作品で面白かったのですが、私は「奇骨先生」が好きです。

作家というとちょっと取っ付きにくい人や変わった人、個性的な人が多いように思われますよね。奇骨先生もちょっと怖い感じの人ですが、最後は心温まる締めくくりになっていて、何だか気持ちがほんわかしました。

あー、もっと早く読んでおけば良かったなあと思いました。すごく面白かったから。

有栖川作品は、推理の面白さはもちろんなんですが、私はそれぞれの登場人物のキャラクターがすごく好きなんですね。

主役以外の脇役たちもすごくいい味出している。たまに「こんな人とお友達になりたいなあ」と思ったりもします。それぞれの登場人物が生き生きしているから、ストーリーにどんどん引き込まれていくのかなと思います。

次はこの作品のレビューを書こうと思ってます。
▼▼▼

これなんかは、「え、そんなトリック?」って感じですけど、面白いですよ。
けっこう前に書かれた作品なのですが、全然古くない。
▼▼▼

2016/05/31

火村英生シリーズはドラマ化しないでほしかった・・・

Published Post author

有栖川有栖さんは若い頃から好きな作家で、『スウェーデン館の謎 (講談社文庫)』や『ブラジル蝶の謎 〈国名シリーズ〉 (講談社文庫)』など、過去の作品をKindleで再読しているのですが、やっぱり、時間をおいて読んでもおもしろいですよ。

昔は助教授だったんだな、なんてちょっと年月が経ったのを感じたりもして。

しかし、このシリーズだけはドラマ化しないで欲しかった・・・

そう思っている読者は、きっと私だけじゃないはず。

彼は彼で違うドラマなら魅力のある俳優さんなんだろうけれど、火村英生とはちょっとイメージが違う・・・

火村英生はセクシー路線とは無縁のはず。
じゃあ誰が良かったのかというとすぐには浮かびませんが、とりあえず、あのドラマ化はやめて欲しかったなと思います。

だから、結局1回も見ていない。

ああいうテレビドラマで原作の面白さをキチンと表現出来ていたものはほとんどないのだから。

猫が好きで、ぶっきらぼうなのになぜか子供の扱いが上手で、そして臨床犯罪学者。
うーん、誰が火村英生になれるんだろう・・・

<スポンサードリンク>



2016/05/19

『社長になれる人、なれない人』あなたはどっち?

Published Post author

散歩のついでに富士山に登った人はいない。

この本で、何度も出て来る言葉です。

とてもわかりやすいですよね。

富士山に登ろうと思ったら、それなりの装備、登山計画、体力作りなどそれ相当の準備が必要です。

社長になるということも同じこと。

会計やマーケティングを知り、社会の流れを知り、人を動かす術を知る。

そして、理念やビジョンを持って行動する。

経営に必要な資質について書かれています。

社長になりたい人も、そうでない人にもとてもこころに響く言葉が並びます。

トップに立つために大切なこと、それはスキルなどではなく

(スキルはもちろん大事。でもそれだけではダメ)

考え方、心の持ち方なのです。

成功者に素直に学び、それを自分のものとし、さらに進化させる柔軟さを持つ。

人を使うからには、自らが「人として大切なこと」「人の道」を学び続けていること。

その生きる姿勢そのものが社長に求められることなんだと思います。

人は、順調に物事が進んでいる時ほど「慢心」に注意しなければなりません。

そういう意味でも、この本はバイブルとして手元に置いておきたい本だと思いました。

「論語」や「老子」など、古典を読む必要も説いています。

さっそく、読んで勉強しようと思いました。

2015/12/19

肌の色も髪の色もなんでもOKな世の中にしたいよね

Published Post author

これは昔の話?
いやいや、これほどあからさまではないかもしれないけれど、
まだまだ世界中にある、差別の話。

肌の色が違うだけで差別するなんて
日本人の私には全く理解が出来ないけれど、これが現実。

パトリシアはお気に入りのワンピースをおばあちゃんに着せてもらい
ある”とくべつな場所”へ行こうとします。

その間、立ち寄った公園のベンチには「白人専用」と書いてあり
ホテルの入り口では黒人お断りと文句を言われ
レストランでも白人と黒人が同じ席で食事が出来ない現実にぶつかります。

途中で心が折れそうになりながらも、
なんとかたどり着いたその場所は・・・。

そうだったんですね。
公共図書館というところは、誰もが自由に入ることが出来る
唯一の場所だったんですね。
どこへ行くんだろう、気になって仕方がなかった。

私の中では「まさか」という感じでした。
いかに、差別の事実を知らないか、ですね。

図書館で、子どもに読んでいたのですが
私の方がなんだかぐっときてしまいました。
小学生の上の子たちにも読ませたいと思いました。

2015/10/14

ひとつのことに集中する!それが成功の秘訣

Published Post author

マルチタスクをこなせる方が、あれこれ同時進行でできて
効率が良いのかと思っていたのに・・・

とんだ思い違いだったようだ。

「ひとつのことに集中する」

これこそが、「成功」への第一歩だということが
理解できる1冊である。

脳は常に動いている。
だから、脳に対して「的確な質問」をすることは
とても重要だ。

たとえば、私が5年後それを成し遂げるためには
・5年間で何をするべきか
・1年間で何をするべきか
・1ヶ月で何をするべきか
・1週間で何をするべきか
・今日1日、何をするべきか

こんなふうに、今できるひとつのことに集中する。
そのための質問を脳に投げかけると
脳はずっと答えを探し続ける。

日々の雑事にとらわれてやりたいことができていない、という方
(私も含めてだけど)
どうやってひとつのことに集中するか、
それによって何を成し遂げたいのか、
1度しっかり考えてみるのもいいかもしれない。

2015/10/14