火村英生シリーズはドラマ化しないでほしかった・・・

有栖川有栖さんは若い頃から好きな作家で、『スウェーデン館の謎 (講談社文庫)』や『ブラジル蝶の謎 〈国名シリーズ〉 (講談社文庫)』など、過去の作品をKindleで再読しているのですが、やっぱり、時間をおいて読んでもおもしろいですよ。

昔は助教授だったんだな、なんてちょっと年月が経ったのを感じたりもして。

しかし、このシリーズだけはドラマ化しないで欲しかった・・・

そう思っている読者は、きっと私だけじゃないはず。

彼は彼で違うドラマなら魅力のある俳優さんなんだろうけれど、火村英生とはちょっとイメージが違う・・・

火村英生はセクシー路線とは無縁のはず。
じゃあ誰が良かったのかというとすぐには浮かびませんが、とりあえず、あのドラマ化はやめて欲しかったなと思います。

だから、結局1回も見ていない。

ああいうテレビドラマで原作の面白さをキチンと表現出来ていたものはほとんどないのだから。

猫が好きで、ぶっきらぼうなのになぜか子供の扱いが上手で、そして臨床犯罪学者。
うーん、誰が火村英生になれるんだろう・・・

<スポンサードリンク>




2016/05/19

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です