Category Archives: ためになる本

辞書作りの話で泣くとは思わなかった『舟を編む』

Published Post author

舟を編む

「舟を編む」というタイトルの意味、辞書とどういう関係があるのかと思いながら読み始めて・・・

最後は涙、涙。
大感動して号泣するというのではなくて、なんというか、じわじわこみ上げてくるような涙。

ここまで何かに一途になれる人生って、なんて幸せなんだろうと思います。

◆あらすじ

荒木は定年間近の編集者。「大渡海」という辞書の編纂作業をしているが、後を託せる社員はいないものかと探している。というのも、辞書の編集は普通の本の編集とはまったく質が違うからだ。

常に言葉と向き合い、言葉を掘り下げ、適切な解釈を加えていく。それを辞書として編纂するには、原稿を各ページにパズルの様にうまく、無駄無く収めていく能力も必要だから。

そこで見つけたのが、営業部では使い物にならなかった馬締だ。人付き合いは下手だし、組織の中で生きていく能力には欠けるものの、言葉と向き合うひたむきさと粘り強さを見いだされ、「大渡海」編纂メンバーの一人となった。

そこに、辞書編集部のお調子者・西岡、愛想はないが事務処理能力は極めて高い佐々木女史、監修を担当する辞書の鬼・松本先生、後に辞書編集部に配属となる岸部みどり、馬締の下宿先の大家さんの孫娘・香具矢を交えて話は進んでいく。

お金も時間もかかる辞書の編集。「大渡海」の編集作業も何度となく暗礁に乗り上げかけ・・・辞書は完成するのか、というところが見所。

◆辞書作りには終わりがない

この本を読んで、辞書作りには終わりがないのだということを初めて知った。考えてみれば当たり前のことで、10年前に編集された辞書には今使われている新しい言葉は載っていない。

言葉は生き物。変化し続けている。言葉自体が変わらなくても、解釈が変わることもある。

松本先生は常に用例採集カードを持ち歩き、食事中でもテレビから「耳」は離さない。新しい言葉や耳慣れない言葉を聞くとすぐにカードに書き込んでいく。カードが無ければ箸袋でもなんでも書けるものに書いておく。

そうやって集めた言葉を、辞書に載せるべきかどうか判断していく。

古い言葉の選定も大変だ。死語だからといってすべて削るわけにはいかない。今話し言葉としては使われていない、流行遅れの言葉だったとしても、辞書で調べる場合があるからだ。

そういった「言葉の採集」には終わりがないのだ。すごいな、辞書の世界って。素直にそう感じた。

そして改めてわかったこと。日本にはイギリスなどと違って、国が主導して作った辞書がないとのこと。言われてみればそうだ。すべて民間の出版社などが編集している。

国が自国の言葉をしっかりと定義するということがなされていないようにも思えたのだが、逆に考えると、権力が絡まないことで、言葉が自由なままでいられるということ。だからこそ、各社で言葉の解釈や表現に微妙な違いがあり、それこそが辞書の面白さなんだと思う。




◆言葉って面白い

改めて、普段わかっていることでも知らない人に教えようとしたら意外と難しいんだなと思った。例えば「女」という言葉を説明しようとしたら?

ある辞書には「男でない性」とか「妊娠する器官がある」などとあるそうだ。作中で岸部みどりが「それでは説明不足だ」と憤っている場面があるのだが、そうか、そういわれてみると、「女」という言葉も、今と昔ではかなり解釈が違うんだろうなと。

また、「愛」という言葉も、「異性に関して感じる感情」では、同性の人には感じないのか?ということになる。昔は無かった価値観かもしれないけれど、今は別に珍しいことでもない。

辞書は言葉の意味を正確に伝える以外に、その時の社会情勢や文化なども反映しているものなんだなと。だからこそ、古い辞書を今見てみると、当時はこう言う解釈だったのか、と違う楽しみ方があるかもしれないなと思った。

◆三浦しをんの魅力

この人の作品は、登場人物が素敵な人ばかり。見た目のかっこよさではなくて、人として素敵な人。不器用だけど何事にも真摯な馬締やおちゃらけてばかりいるように見えて、実はよく人のことを見ていて、影でサポートしている西岡など、ひとりひとりが魅力的。

だからこそ、読んでいてどんどん作品に引き込まれてしまう。もう、中毒になりますよ。「舟を編む」という言葉の意味は、わりと最初の方で明らかにされているのだけど、そうか、言葉って海だよねと納得。この装丁の意味もわかると感動がさらに増します。

私はライターとしても仕事をしているので、言葉はとても大切にしないといけないのですが、そうか、このくらい言葉と向き合って、自分のものにしていって、初めて言葉をうまく使えるようになるのかなと思った。

早速書店に新しい辞書を買いに行ってしまった。




2016/10/08

ときにはがんばらないで生きていこう

Published Post author

生き辛さを感じたり、仕事をがんばりすぎている人は、ぜひこのがんばらない生き方 (中経の文庫)を読んでみたらいいと思う。

私はライスワークは面白くない、ライフワークを探して、仕事もきちんと楽しめる方が良いのではないかと思っていたけれど、それはもしかしたら違うのかなとこの本を読んで思った。

もちろん、それを否定するわけではなくて、仕事は仕事、面白くなくてもいい、飯のための仕事でもいい、そのかわり思いっきり打ち込めるような趣味があれば、人生楽しくなるんじゃない?ということ。

何でもみんながんばり過ぎなんだと思う。子どもの頃から早期教育、英語くらい話せないといけないと毎月届く教材なんかで勉強して、小学生になっても次は中学受験、ずっと試験、受験、そんなことばかり20歳近くまでがんばり続けて、いざ社会に出ると、それまでやってきたことってけっこう役に立たないんだよね。

それなら適度に遊んで適度に勉強して、適度に友達がいて人生楽しんできた人の方が柔軟性があるのかなと。

もしかしたら、がんばっても充実感を感じられない人はがんばる方向を間違えているのかもしれない。終身雇用制が崩れ、給料が右肩上がりではなくなった今の世の中で、大企業に就職すれば安心ではないし、それを人生の目標にしてしまってはとてももったいない。

もっと柔軟に人生を考えてもいいのかなと思う。フリーターが悪いって風潮ね、それもきっとよくない。例えば趣味に打ち込む時間が欲しくて、アルバイトや派遣社員として自由に働く、という人生もありでしょう。

<スポンサードリンク>



◆どうやって生きていきたい?

自分の人生だもの、世間の尺度に当てはめることなく、自分が楽しいと思う方法で生きていければ、それが一番幸せなんだと思う。

別に正社員でなくてもいいし、仕事に楽しみを見いだせなくてもいい。そんな風に言われるとちょっと気が楽になると思わない?

がんばることはいいことですよ。ただ、何のためにがんばっているのかを自分でわかっているなら、ということだと思う。

人生楽しんでいる人は無理をしていない。イヤなことをがんばっても楽しくない。成果は出ない。それをわかっているから、楽に生きられるんだと思う。

仕事が辛くなっている人は、この本を読んで「自分はどうやって生きたら幸せなんだろう」ってしっかり考えてみてもいいと思う。



2016/06/22

『社長になれる人、なれない人』あなたはどっち?

Published Post author

散歩のついでに富士山に登った人はいない。

この本で、何度も出て来る言葉です。

とてもわかりやすいですよね。

富士山に登ろうと思ったら、それなりの装備、登山計画、体力作りなどそれ相当の準備が必要です。

社長になるということも同じこと。

会計やマーケティングを知り、社会の流れを知り、人を動かす術を知る。

そして、理念やビジョンを持って行動する。

経営に必要な資質について書かれています。

社長になりたい人も、そうでない人にもとてもこころに響く言葉が並びます。

トップに立つために大切なこと、それはスキルなどではなく

(スキルはもちろん大事。でもそれだけではダメ)

考え方、心の持ち方なのです。

成功者に素直に学び、それを自分のものとし、さらに進化させる柔軟さを持つ。

人を使うからには、自らが「人として大切なこと」「人の道」を学び続けていること。

その生きる姿勢そのものが社長に求められることなんだと思います。

人は、順調に物事が進んでいる時ほど「慢心」に注意しなければなりません。

そういう意味でも、この本はバイブルとして手元に置いておきたい本だと思いました。

「論語」や「老子」など、古典を読む必要も説いています。

さっそく、読んで勉強しようと思いました。

2015/12/19

肌の色も髪の色もなんでもOKな世の中にしたいよね

Published Post author

これは昔の話?
いやいや、これほどあからさまではないかもしれないけれど、
まだまだ世界中にある、差別の話。

肌の色が違うだけで差別するなんて
日本人の私には全く理解が出来ないけれど、これが現実。

パトリシアはお気に入りのワンピースをおばあちゃんに着せてもらい
ある”とくべつな場所”へ行こうとします。

その間、立ち寄った公園のベンチには「白人専用」と書いてあり
ホテルの入り口では黒人お断りと文句を言われ
レストランでも白人と黒人が同じ席で食事が出来ない現実にぶつかります。

途中で心が折れそうになりながらも、
なんとかたどり着いたその場所は・・・。

そうだったんですね。
公共図書館というところは、誰もが自由に入ることが出来る
唯一の場所だったんですね。
どこへ行くんだろう、気になって仕方がなかった。

私の中では「まさか」という感じでした。
いかに、差別の事実を知らないか、ですね。

図書館で、子どもに読んでいたのですが
私の方がなんだかぐっときてしまいました。
小学生の上の子たちにも読ませたいと思いました。

2015/10/14

ひとつのことに集中する!それが成功の秘訣

Published Post author

マルチタスクをこなせる方が、あれこれ同時進行でできて
効率が良いのかと思っていたのに・・・

とんだ思い違いだったようだ。

「ひとつのことに集中する」

これこそが、「成功」への第一歩だということが
理解できる1冊である。

脳は常に動いている。
だから、脳に対して「的確な質問」をすることは
とても重要だ。

たとえば、私が5年後それを成し遂げるためには
・5年間で何をするべきか
・1年間で何をするべきか
・1ヶ月で何をするべきか
・1週間で何をするべきか
・今日1日、何をするべきか

こんなふうに、今できるひとつのことに集中する。
そのための質問を脳に投げかけると
脳はずっと答えを探し続ける。

日々の雑事にとらわれてやりたいことができていない、という方
(私も含めてだけど)
どうやってひとつのことに集中するか、
それによって何を成し遂げたいのか、
1度しっかり考えてみるのもいいかもしれない。

2015/10/14

男性向きかな。理論的なダイエット本『最後のダイエット』

Published Post author

年齢やライススタイルによって最適なダイエット方法が違う。
言われてみれば当たり前のことですが、それが論理的に書いてあるのでとてもわかりやすいです。

「お菓子を減らす4つの方法」
「お酒を減らす4つの方法」
「1つで3つの効果がある筋力トレーニング」など
行動の目的が具体で気でわかりやすいですね。

私は40代ですが、事例が20代、30代、50代だったので、50代を参考にしています。

中年以降はとにかく筋肉量が減る。代謝が落ちる。
若い人と同じように、単に食事制限だけしてもダメなんですね。
筋肉つけないと。
早速、この本に書いてある通りにスクワットやってみました。
効きますよ。
脚だけでなく、おなかも筋肉痛になりました。
時間にしたら1分くらいなので、1日数回できると思います。

そもそも「やる気」は頼りにならない、というところがいいでしょう。

今度こそ最後のダイエットにしたい!!

2015/07/05

とりあえず、実践してみた『一生お金に困らない生き方』

Published Post author

2015/06/16

本が嫌いな人にこそ読んでほしい本〜こころの読書教室

Published Post author

著者の河合隼雄さんは言わずと知れた心理療法家。
ご自身はそれほどものすごく本を読むタイプではないとおっしゃっているけれども、
なんのなんの、児童書から古典、小説に至るまで、幅広く本を読まれている。

これまで読まれた本をテーマ別に紹介する講演の記録を元にして作られた本なので、
話し言葉で書かれているせいか、とてもなじみやすい。
ほんとうに話しかけられているようで読みやすい本になっている。
これなら、読書が苦手という方でも読みやすいのではないかと思う。

■心とは何か

そして、単に本を紹介するというよりも、
「こころとはなにか」という問いと絡めて話をしている。
まさにこれこそが、生きた心理学だと思う。

たとえばカフカの『変身』。
朝起きたら、気持ちの悪い虫になっていた、という話で
ご存知の方も多いと思うが、
これを心理療法家が読み解くと、こういう解釈になるのかあと、
とても新鮮な気持ちになった。
ひきこもりや家庭内暴力と結びつけるかあ。
心に問題を抱えた状態、統合失調症など、
”それ”と評しているのも面白いなあと。
改めて、読み直してみようかと思った。

以下、掲載例である。
読んだことがあるものもあれば、タイトルは知っているけど
しっかりと読んだことがないものもある。

1 私と”それ”
ドストエフスキー 『二重身』
カフカ 『変身』
フィリパ・ピアス 『トムは真夜中の庭で』 など

2 心の深み
村上春樹 『アフターダーク』
遠藤周作 『スキャンダル』
吉本ばなな 『ハゴロモ』   など

3 うちなる異性
夏目漱石 『それから』
シェイクスピア 『ロミオとジュリエット』
ルーマー・ゴッデン 『ねずみ女房』   など

4 心ーおのれを超えるもの
ホワイト 『シャーロットのおくりもの』
ユング 『ユング自伝ー思い出・夢・思想』
大江健三郎 『人生の親戚』        など

時折関西弁の混じる柔らかい口調で、思わずクスッと笑ってしまうようなジョークも交えながら
各作品の”読み応え”ポイントを解説されている。

■読書は心の栄養素

本を読むということは、単に知識を得るということだけではない。
自分の持っている世界を広げ、1度の人生では経験しきれないような体験ができる、
それが本の持つチカラなのである。

人の心の内側、心の動きを書いた良書はたくさんあるから、
それを読むことで、難しい知識を詰め込んだ心理学の本を読む以上の体験ができるのではないかと思う。

単に専門書、学術書を読む以上の”こころの理解”の方法を
河合先生独特の語り口で様々な作品を通して教えてくれている。
この解説を参考に読み直してみたら、
人の心の奥深さを直感的・実感的にわかるようになるのではないか。

読書なんて、つまらないし苦手だ、という人にほど
この本を読んでみてほしい。
本を読むということの楽しさまで伝えてくれている良書である。

2015/03/08

あなたの質問の答えはみつかるだろうか。『谷川俊太郎質問箱』

Published Post author

今更こんなこと聞けない、という質問がある人へ

糸井重里さんの「ほぼ日ブックス」から出ている本。
日刊イトイ新聞で読者の方からの質問に答える連載に書き下ろしの内容も加えた1冊。
約半分が書き下ろしの内容です。

やさしい挿絵と柔らかい言葉。
ただ、柔らかいというのは、やさしいではありませんよ。
穏やかだけれども、時に刺さるような指摘だったりもします。

誰にも、たわいない質問をしてみたい、と思ったことがあるのでは。
たわいない質問ほど、頭の中にずっとあって
答えがでないのではないでしょうか。

どうしてにんげんは死ぬの?
どうしてお風呂は毎日入らなきゃいけないものなんでしょう?

さて、あなたならどう答える?

柔軟な言葉。柔軟な発想。
この質問に対して、そんな答え方があったか、とハッとさせられることばかり。
時には突き放すようなクールな答えも。
こんな風に年を取りたい、と思う。

何度も読み返したくなる本。

2014/08/03

『諦める力』で前向きに生きるコツ。

Published Post author

やってもできないことがある。

為末氏の、一歩引いた冷静なつぶやきが好きでTwitterをフォローしていたが、著書を読んだのは初めて。
140字でも人柄は出るもの。なんとなく想像していたのと変わらない文体だった。

副題の〜勝てないのは努力が足りないからじゃない〜というのは、決して努力しないでいいとか、そのままのあなたでいいよ、ということではない。
世の中には努力だけではどうにもならないことがあり、それを自分で見極めて勝てないフィールドでいつまでも努力するのではなく、「何が勝ちなのか」を見誤らないことが大切だ、ということ。

努力は必ず報われる?

人があまり認めたくない、直視したくない事実、「人間に優劣はないが、能力に優劣はある」ということ。これを認めることがむしろ気を楽にするのではないか。できないことは、どれほど努力をしてもできない。つまり、できない、勝てないのは努力が足りないのではなく、そもそもできないことを無理してやっているのではないか、ということ。

「努力すればできる」「君には無限の可能性がある」
その考え方を頭から否定しているのではなく、それはそれで素晴らしい考えでもあるけれど、そうでない場合がある、ということを念頭においておくべきだ、と言っているのだ。

「どこで勝つか」より「何が勝ちか」をはっきりさせておくことが、自分が本当に勝ちたいフィールドでの勝利につながるのだ。

どこかのタイミングで、「自分はこんなものでしかない」ということを一度受け入れなければならないということだ。

この考え方は、子育てにおいてとても大切だと思いました。
子どもにはついつい大人の夢を押し付けがち。しかし、できないことは本人の努力不足ではない場合もある、ということを大人が知っていないといけない。

できないこと、無理なことをはっきりと伝えるのもやさしさというものだろう。

その幻想が、生きるのを辛くさせる

努力は無駄にならない。
努力すれば必ず結果が出る。
その幻想が、さらに人を追い込んでいく。

もちろん努力は大切だし、努力しなければ結果は出ない。
しかし、正しい方向に、正しい量の努力をしなければ、結果は出ない。

そこを見極めることなく、結果が出ていない人に「努力不足」の烙印を押し、追い込んでいくことで、生きづらさを感じる人が多いのではないだろうかと思う。

2014/07/28