Category Archives: コミック

夕凪の街、桜の国。

Published Post author

私は先にDVDの方を見たが、ほぼ原作通りだった。

ただ、コミックにはコミックの世界、映像には映像の世界があるので、両方楽しんでほしい素晴らしい作品だと思う。
2部構成になっている。

◆夕凪の国

前半は被爆から十年後。
主人公皆実の姉は被爆直後に亡くなっており、弟は水戸の叔母夫婦の元に疎開していたが、
そこからは戻らずに(広島には戻りたくないと)養子に出され、
母と2人、ものすごく質素な暮らしをしている。
職場からの帰り道はかかとを減らさないため、途中で靴を脱いで歩く。
家は雨が降れば屋根からは雨漏り、家の中はなめくじの足跡・・・
その倹約は、水戸に住む弟に会うため。

それでも静かに笑顔で生きている皆実にはとても好感が持てる。
そして職場でちょっといい感じになった男性と、これからどうなるのか?
と期待を持った矢先に、どんどん体調が悪くなっていく。

お前の住む世界はここではないと誰かの声がする

幸せだと思うたびに、この声に引きずられてきた皆実。
なぜ私は生き残ったのか。
死なずに残されたのか。
この世にいてもいいのか。

すべては亡くなった姉や妹にすまないという気持ちから、十年前のあの日の光景を忘れられずにいる皆実。
忘れられるはずは無いだろうと思う。

やっぱり、という思いと、どうして、という思いで、悔しかっただろう。
最後はもう目も見えないので、台詞だけのページがある。
そこが、よけいに悲しい。

◆桜の街

後半はその数十年後。
皆実の弟の娘が主人公になっている。
最近の父の不審な行動に、娘は友達と後をつけてみるが・・・

世代を超えても原爆が落とす影。
それを、しっかりと見つめている作品だと思う。

しかしね、アメリカに落とされた原爆のせいで、
日本人が日本人を差別するなんて、
なんと悲しいことかなと。

これまで、原爆を扱った作品というのはどうしても暗いイメージを引きずりがちで、
もちろんそれは内容が内容だけに仕方のないことなんだけれど、
その悲惨さをストレートには描かないこういう作品ももっと出てくれば、
逆に心にしみやすいのではないかとも思う。

特に、中高生など感受性の豊かな世代に見てほしい。

絵が下手すぎる、というレビューもあったけれど、私は十分感動した。
たしかに、すごくうまい絵ではない。
だけど、作者が伝えようとしていることはしっかりと伝わっている。

2015/04/08