『ツナグ』というタイトルの意味。

突然この世を去ることになったら、どうだろうか。
心残りがたっぷりあって、誰かに会いたいと思うだろうか。

この作品は、死者とこの世の生者とをつなぐ、その名も「ツナグ」という”職業”のお話。
ある電話番号に電話をかけて依頼すると、亡くなった人に会えるというもので
指定された場所にいくと亡くなった人が待っている。
生前と同じ姿で。
タイムリミットは朝。
ただし、亡くなった人が別の人に”ツナグ”を依頼されていたらもう会うことはできない。
亡くなった側も、生者に会いたいと言われても、会えるのはたった一度。
2人以上は会えないというシステムになっているとのことだ。

「死」がからむと、「泣かせよう」とする話が多かったりするけれど、この作品は、そういうものとはちょっと違う。
泣かせようとはしていない。

私だったらどうするかな。死んだ側ならだれに来てほしいかな。
子どもには会いたいけど、1回しか使えないその権利は別で使ってほしいと思うかな。
ならばやっぱり夫に会いたいかな。
生きてる側なら誰に会いたいと思うかな。
1回しか使えない、その切符をどう使うかな。
そもそも、死んだ人に会うことがいいことなのかどうなのか。
わからないままの方がいいこともあるんじゃないか。

この1冊で、いろんなことを考えた。

たとえば、何かがうやむやなまま誰かが亡くなってしまったとしても
それを明らかにすることがいいことなのかどうか、
知らないままでいることも幸せなのではないか。

この世とあの世との違いを生きながら見せられたような気がした。
あの世に行くってことは、いろんな心のこりを引きずっていくんだろうなと思う。
自分自身の人生んは満足していたとしても
やはり残された家族や大切な人のことは気にかかるだろうから。
どんなことがあろうとも、今ここに生きていることを大切にしないといけないなと思った。

この作品は映画化もされているのね、
松坂桃李さん主演です。
うん、本の中の主人公よりは年がいってるけど
イメージはまずまずあっているのではないかと思います。
(実はまだ見ていないのだ。)

これはぜひTSUTAYAに行って借りてこなければ、と思っております。


2014/07/06

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です